リネイルロゴ
文字サイズ:文字サイズ大 文字サイズ標準 文字サイズ小
製品情報

トップ>製品情報>ナンバー認識システム NACS

| ナンバー認識システム NACS

NACS (Vehicle Registration Number Automatic Recognition System)は、民生用デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した画像から、自動車登録番号を自動認識し、管理することができるシステムです。

自動認識できる自動車登録番号情報(地域、車種分類番号、かな、一連番号)の他に車名や色などの自動車の特徴も手動で登録することが可能で、それらの項目を抽出条件として、一覧表示やExcel出力することも可能です。

また、GPS機能を持ったカメラから撮影時の位置情報を取得し、地図上に撮影場所を表示することも可能です。

※動画の位置情報は統一規格ではないため、機種は限定されます。

ナンバーデータ化の現状

近年、多くの犯罪が起きている中、車のナンバーが重大な手がかりとなり解決する事件は少なくありません。

しかし、現在車のナンバー管理は静止画や動画を再生し、目視によりナンバーを認識し、パソコンに手入力しています。 手作業による管理は手間がかかり、入力ミスや記入忘れなどのトラブルに繋がることが想定されます。 管理をシステム化することで「作業の効率化」や「手作業時のトラブル」等を改善することが可能になるため、当社は車のナンバー管理のシステム化をご提案いたします。

NACSの特徴

◎導入が簡単です!お手持ちの機材が使用できますので、手元での操作だけでなく、今まで監視が困難だった狭い場所などにも手軽に設置できます。

◎市販のデジカメ・ビデオカメラを利用できるため、高価な専用機器や物品の新規購入をする必要がありません。

◎撮影場所を地図上で確認できるため、総合的な確認が可能です。

◎取り込んだデータはEXCELにて出力できるので、データを汎用的に使うことで、犯罪捜査への高度利用が可能です。

NACS特徴

ナンバー認識システムの利用形態

NACSは様々なシーンで利用が可能です。

  • 大型店舗等の駐車場で、車両のナンバーを確認する際にメモを取るのでなく、車両を走行させながら撮影し情報収集することができます。
  • 事件発生時に現場へ向かう際に対向車を撮影することで、疑わしい車のナンバー情報を収集可能となり、車両の洗い出しを効率化することが可能です。
  • ナンバー認識システムは、駐車可能であれば車内から、もしくは三脚を立てるなどして簡易設置が可能となります。また、電柱などを借用する必要がないため、申請作業の手間や申請にかかる時間が削減可能となります。
  • Nシステムを設置できない脇道でも設置が可能なため、簡易Nシステムとして交通事故捜査や犯罪捜査に利用可能です。
  • 警備・警戒区域などで活動をする場合に、特定車両以外の通過などを監視することが可能となります。
NACS利用イメージ

| 製品紹介

topboy
Reiss
NACS
メモワール
スーヴニール

| クラウド